pitokka blog

思ったことについていろいろ

Win10のフォトでHEIC(HEIF)画像が開けない問題の解決方法

問題

Windows10の「フォト」アプリでHEIC画像が開けない。

拡張子.HEICの画像(HEIF形式)はAppleiPhoneなどで採用されている新しい画像形式。

Win10のエクスプローラーでサムネイル画像は表示されるけど、「フォト」アプリで開くとぼやける?、解像度が粗い?、ブロックノイズ?、サムネイル用の粗い画像が表示されている?、なんと表現してよいかわからないけど、開けるけど、表示がおかしい。

なお、「フォト」アプリで矢印でHEIC画像を次に移動してみると「このファイルを開けません」と出る。(選択した画像はとりあえずぼけた表示はされるけど、フォトアプリ内で次の写真に移動すると開けない)

「HEIF画像拡張機能」は入っているのに。

補足

「HEIF画像拡張機能」はWindows10の「フォト」アプリでHEIF形式(iPhoneなどでは拡張子.HEIC)の画像を見られるようにする拡張機能
多分、今の時代のWindows10には標準でインストール済み。

解決方法

結論

「HEVCビデオ拡張機能」も必要。※現時点では有料120円(税込み)
f:id:pitokka:20201115121727p:plain

Microsoft純正の「HEVCビデオ拡張機能」を入れることで開けるようになりました(正しく表示されるように)。

手順

Windows10のMicrosoft Storeアプリにて「HEVCビデオ拡張機能」を入手し、インストール。

あとがき

開けなかったHEIC画像はiPhoneで撮影した静止画像。Live Photosではない。
現在、Webで検索するとHEIC画像を開くには「HEIF画像拡張機能」を入れる必要があると出る。Live Photosを見る際は追加で「HEVCビデオ拡張機能」も、という内容がほとんどでした。
入っているのだけど…、と思ったのですが、安いし、とりあえず入れてみたら表示されるように。
静止画写真でも「HEVCビデオ拡張機能」は必要のようです。

更新履歴

2020/11/15 タイトル修正、誤記修正

リフィルパッドポーチ MINI6

はじめに

f:id:pitokka:20200920110354j:plain
発売されたばかりのリフィルパッドポーチ MINI6購入しました。
ポーチタイプのシステム手帳。サイズはミニ6。
色はカーキ。
普通のポーチ型システム手帳と違い、システム手帳部分が分離できる。
システム手帳メーカーのアシュフォードが新しい提案として出した意欲作。
そして、(システム手帳というジャンルの中では)比較的手を出しやすいお値段。

www.ashford-style.com

外観など

表面
f:id:pitokka:20200920110341j:plain

裏面
f:id:pitokka:20200920110631j:plain

裏面の下側にアシュフォードのロゴ入り。
これにより、ポーチの上下表裏の位置が分かるようになっている。
f:id:pitokka:20200920110424j:plain

ファスナーの取手部分は持ちやすいリング状。
f:id:pitokka:20200920110705j:plain

開けた感じ。左側部分にシステム手帳部分(リフィルパッド)が差し込まれている。
f:id:pitokka:20200920123326j:plain

システム手帳部分の差し込みはこんな感じ。
f:id:pitokka:20200920110440j:plain

システム手帳部分は右側にも差し込めます。
f:id:pitokka:20200920110709j:plain
f:id:pitokka:20200920110638j:plain

右側のポケット部分。
f:id:pitokka:20200920110433j:plain

手持ちのApple Pencilを差し込んでみました。(白でわかりやすいと思ったので)
下側ジッパー部分のメッシュ部分に見える感じに。
f:id:pitokka:20200920110428j:plain
f:id:pitokka:20200920110337j:plain

右側のポケット部分下側ジッパー部分。こちらも手持ちのApple Pencilを差し込んでみました。
なんとなく構造が理解できると思います。
f:id:pitokka:20200920110652j:plain

システム手帳を差し込む部分もメッシュ。(手持ちのApple Pencilを差し込んでみました。)
f:id:pitokka:20200920110656j:plain

マチは結構あります。(約4cm)
f:id:pitokka:20200920110718j:plain

システム手帳部分(リフィルパッド)です。
f:id:pitokka:20200920110412j:plain

システム手帳部分は取り外せます。この製品の特徴の売りの一つ。
f:id:pitokka:20200920110421j:plain

プラスチック製。金属では無いので軽いです。
リング径10mm(約60枚収納)です。
f:id:pitokka:20200920110635j:plain

一般的なシステム手帳の開け方とは違います。普段からシステム手帳を使用している方は初めは開け方に戸惑うかも。(自分は説明書見ないと分かりませんでした。)
f:id:pitokka:20200920110436j:plain

開け方と閉じ方。
f:id:pitokka:20200920110713j:plain

下部分のつまみをつまむとリングが開きます。楽です。なかなか良くできています。
(このリングは自分は見たことが無いので、今回のためにアシュフォードが開発したものかもしれない。プラスチック製リング自体も珍しいので。)
f:id:pitokka:20200920110349j:plain

リングには「PLA-X」と書かれている。これはリングの製造メーカー名?リングのブランド名?謎です。
(大体、真ん中にはリングメーカーの社名か会社のブランド名が刻まれるので、その辺りなのかなと思います。)
f:id:pitokka:20200920110333j:plain

システム手帳部分に手持ちのリフィルを入れてみました。(ちなみに入れたのはアシュフォードの「メモリーフ(6mm罫)サックス MINI6」)
f:id:pitokka:20200920110823j:plain

ポーチにシステム手帳部分をセット。
f:id:pitokka:20200920110357j:plain

右側にセットした場合。
f:id:pitokka:20200920110417j:plain

近くにあった手持ちの文具を色々入れてみました。
f:id:pitokka:20200920110443j:plain

薄いものは傾けるとすぐに滑って出てしまうので、開ける際、注意が必要。
f:id:pitokka:20200920110648j:plain

右側には一応、文具類を入れることは出来ます。修正テープとマスキングテープを入れてみました。(ちなみにマステを直接入れるのは側面の粘着部分が汚れるので微妙ですが。)
f:id:pitokka:20200920110642j:plain

…が、やはり開ける際滑って落ちる危険があるので、個人的には微妙かな。(上のペン類収納部分も盛り上がって、入れるのが微妙になるので)
やはりシステム手帳部分を差し込む場所と思っていた方が良いです。
f:id:pitokka:20200920110401j:plain

おまけ

アシュフォードは以前から、リフィルパッドの前身となる「差し込みシステム手帳リング」を出しています。(アシュフォードのライフオーガナイザーやダイアリーカバー用に)
自分の手持ちの差し込みシステム手帳リング(MINI6 15mm)と今回のリフィル パッドを並べると、リフィルパッドの方がスリムです。
f:id:pitokka:20200920110447j:plain
f:id:pitokka:20200920110346j:plain

自分の手持ちの「差し込みシステム手帳リング(MINI6 15mm)」を挿してみます。
f:id:pitokka:20200920110404j:plain

一応、入るのですが、閉めた時、角に負荷が掛かっている感があるのでおすすめはしません。
f:id:pitokka:20200920110645j:plain

最後に

ポーチは柔らかく、ファスナーも開けやすいです。
180度無理なく開き、良い感じです。
しばらく使用してから、改めて追記などしようと思います。

修正履歴

2020/09/21 誤記修正、表現改善。

ほぼ日手帳カバー(サイズ:オリジナル)システム手帳化

はじめに

ほぼ日手帳カバー(サイズ:オリジナル)にミニ6穴保存バインダーを入れてシステム手帳化。
なお、ほぼ日手帳カバーのオリジナルサイズ=A6サイズ。
f:id:pitokka:20200607141449j:plain

使用したバインダーについて

エヌ・プランニングのミニ6穴保存バインダー「HB-1008-SM」。
リング径は15mm(内径)。
高さ(H)約144mm × 幅(W)約11mm × 厚み(D)約22mm(実測値)
横幅(W)が実寸約11mmと他メーカーより短いため、横を切らずにそのままほぼ日手帳カバーに入れられる。

f:id:pitokka:20200607135754j:plainf:id:pitokka:20200607140310j:plainf:id:pitokka:20200607140518j:plainf:id:pitokka:20200607140553j:plain

なお、色で型番が変わる。
HB-1005-RE:透明=赤ホック
HB-1006-BU:透明=青ホック
HB-1007-YE:透明=黄ホック
HB-1008-SM:透明グレー=黒ホック

公式サイト
www.nplan.jp

最後に

ほぼ日手帳カバーに対し、これがもっともお手軽なシステム手帳化。
ほぼ日手帳カバーが余っていていて、システム手帳に興味がある人、システム手帳バインダーを増やしたい人におすすめです。

シャーボX LT3を購入(簡易記載版)

はじめに

手帳用に購入。
多機能ペン。色はシャンパンゴールド。

f:id:pitokka:20200606121019j:plain
www.zebra.co.jp

購入したポイント

  • 回転式
  • エマルジョンインクが使用できる
  • シャープペンシルが使用できる
  • 長くない本体長(軸径9.3×全長133.9mm)
  • インクを選べる

回転式

手帳用に購入するので不用意なノックによるペン先の出が発生することを避けたい。
できるだけ外でカチカチ音を鳴らしたくない。
ということでノック式ではなく、回転繰り出し式。

エマルジョンインクが使用できる

はやりの低粘度油性インク(ジェットストリームなど)に対抗するためにゼブラが開発したインク。
油性インクと水性インクを混合したインク。
自分は適度な濃さと細くかけるところが気に入っている。小さい字をよく書く手帳にぴったり。
(自分の体感上、同じ0.5でもジェットストリームインクより、エマルジョンインクの方が細く書ける。)

シャープペンシルが使用できる

手帳の仮記載用にシャープペンが欲しかった。

長くない本体長(軸径9.3×全長133.9mm)

一般的な140〜145mm前後でなく、若干短い。
(本当はもっと短いのが欲しいけど)

インクを選べる

インク色が黒、赤などではなく、選べる。
インク種類もエマルジョンインク以外に油性、ジェルから選べる。
太さも選べる。
なお、選べるということで、本体には替芯がついていないので、一緒に買う必要あり。

実際の使用感

しばらく使用後書く。

はじめの印象は回転によるペンの繰り出しは静か。
シャープペンシル使用時のノックはうるさくない。(ものすごく静かではないけど)
右回転、左回転止まることなく、ペンを切り替えられる。

よくないところ

ボールペンが2色しか入れられない。(最上位機種でも3色しか入れられない。4色入れたい)
左回転だと軸が緩んで(開いて)しまうことが。(ペン先を上で見た場合)

大腸内視鏡検査をした時の話2020

はじめに

健康診断にて便潜血が検出されたということで、詳細な検査が必要となった。
ということで人生2回目の大腸内視鏡検査を最近実施。参考にその記録を記載します。
ちなみに結果は問題なしでした。
約3年前に大腸内視鏡検査を受けていたので多少気楽。
pitokka.hateblo.jp

なお、前回とは別の病院に行った。

前回はマグコロールPという経口腸管洗浄剤を体験しましたが、
今回、世の中的に主流の経口腸管洗浄剤モビプレップを使用した手順。
モビプレップを使用した腸管洗浄はWebをみる限り、準備の日数が短いものが多いように感じますが、自分の場合、便秘のため、世の中の検索で出てくる内容より、日数、手順が多めでした。

検査に向けて

2日前

消化の良いものを食べる。
夕食後18:00〜20:00までに緩下剤(プルゼニド3錠)を飲む。

前日

今回の病院では前日の食事用にダルムスペースデリシアという大腸内視鏡検査用の食事が用意された。

消化の良い食べ物どうしようと考えずに済むので良いです。
ダルムスペースデリシアは朝食はついていないので、朝食のみ自分で用意する必要があります。
自分は朝食はおかゆにしました。

朝食 消化の良いもの(ヨーグルトなど乳製品禁止)
昼食 ダルムスペースデリシア(昼食:野菜のクリーム煮、クラッカー)
夕食 ダルムスペースデリシア(夕食:大根のそぼろ煮、鶏雑炊)

ダルムスペースデリシアは普通に美味しかった。
単純に消化の良い食事のレトルト食品という感じ。

夕食後は下剤(ラキソベロン内用液0.75%)を飲む。
自分の場合、約20分後便意をもよおす。
なお、この下剤内用後、明日までに便が出なかった場合、検査当日の下剤を飲むのを中止し、病院に持ってきてくださいとある。

自分の場合、寝ている時、便意があり、何度も起きて便をしました。

当日

モビプレップ服用

モビプレップを服用する。
服用方法は以下に動画があります。
www.eapharma.co.jp

味はものすごく濃ゆいまずいスポーツドリンクという感じ。
いや、この表現が正しいのか怪しい。スポーツドリンクに失礼では。まずい。
コップ1杯を10分ほどかけて飲んでくださいと指示があるが、普通にゆっくりしか飲めない。
まずい。
体が微妙に拒否反応を示す。まずい。
この検査の中で一番の難関。まずい。
とにかくまずい。

まず1Lを時間かけて飲み終わった後、水500mlをゆっくり飲む。
その後、まだ便が透明でない場合、追加で200mlを10分ほどかけて飲み、次に水100mlを飲む。
透明になるまで繰り返す。
自分の場合1L+200mlのところで透明になりました。
モビプレップは透明になれば全て(2L)飲まなくて良い仕様。

病院へ

便が透明になったところで病院に行く。
病院にて、お尻に穴の開いた検診衣に着替えをする。
洗腸を行い、腸に残っているモビプレップの泡を洗い流す。
その後、ベットに横になり、点滴を打たれて、内視鏡検査。
検査直前に点滴から鎮静剤を入れるので、意識はぼーとするので特に何も感じず、楽に終わりました。

検査終了後、しばらくベットで休み、先生からの説明を受けて終了。

最後に

マグコロールPを使用した時より、準備期間が短いですが、個人的にはモビプレップはかなり飲むのに苦労しました。
まずい。マグコロールPの時は味はそんなに気にならなかったのですが。。。
モビプレップ後の水を飲む際、幸せを感じた。
病院によって流れは違うと思いますが、参考に。

Vivaldi 2.10にアップデートしたら起動しない問題の解決方法(Windows10)

2020.2.23追記 現在解消済み

本件、ノートンのアップデートにより解決済みです。
参考に、記事を残しております。

はじめに

Vivaldi2.10にてノートンが入っていると起動しない問題がある模様。
参考に回避方法を載せます。
あくまでも暫定処置です。アプリ側が対処されればこの設定は削除していただければ。

回避方法

概要

ショートカットにて右クリックメニューのプロパティから「リンク先」の後ろに「 --disable-features=RendererCodeIntegrity」を追加することで起動できる。

詳細

手順1

Vivaldiショートカットの上で右クリックし、メニューを出す。

f:id:pitokka:20191229103821p:plain
Vivaldi ショートカットアイコン

手順2

メニューから「プロパティ」を選択。

f:id:pitokka:20191229104202p:plain
Vivaldiショートカット右クリックメニュー

手順3

プロパティウインドウにて「リンク先」vivaldi.exeの後ろに「 --disable-features=RendererCodeIntegrity」を追加し、「OK」を選択。
※先頭は半角スペースです。

f:id:pitokka:20191229104300p:plain
Vivaldiショートカットオプション

手順4

編集したショートカットからVivaldiが起動できます。

最後に

抜本的な解決にはノートン側の対処が必要な模様。
解決されたら上記の設定は削除すればよいと思います。

更新履歴

2020.2.23 現在解消済みの記述追加。

デルフォニックス オルドナーホルダーケース A5

はじめに

デルフォニックスのオルドナーホルダーケースを買いました。
サイズはA5。色はブラウン。

f:id:pitokka:20180121161251j:plain:w360
俗に言うドキュメントファイルケースです。
ただの透明ファイルではなんか微妙だなぁという場面で使用するために購入。
透明ファイルは固くて角も尖っているし、取り出すとき微妙というもある。

以前、同シリーズのオルドナーエンベロップケースを買っていたので質の良さを知っていたのもある。

商品ページ:
shop.delfonics.com

なお、色は5色、サイズはその他A4も用意されている。

外観

f:id:pitokka:20180121160359j:plain:w360f:id:pitokka:20180121160422j:plain:w360

裏面
f:id:pitokka:20180121160538j:plain:w360

店頭で見栄えが良いように、厚紙が入っている。
f:id:pitokka:20180121160450j:plain:w360

入っていた厚紙。
f:id:pitokka:20180121160602j:plain:w360

中の様子。
f:id:pitokka:20180121160653j:plain:w360

A5のサイズがすっぽり入る。
f:id:pitokka:20180121161400j:plain:w360
f:id:pitokka:20180121160849j:plain:w360

質感について

合皮ですが、さわり心地はしっとり。ビニールぽさをあまり感じず。
なかなかの高級感がある。
合皮なので手入れも簡単。

折り曲がり対策をする

本体は柔らかく、厚紙を取り出すと、フニャっとしていてドキュメントケースとしては頼りない。
f:id:pitokka:20180121160619j:plain:w360

以前、同シリーズのオルドナーエンベロップケースを買っていたので、このことを知っていた。
そこで一緒に買ったA5の下敷き。
A5の下敷きであればなんでも良いですが、今回は東急ハンズオリジナル手帳用のものを購入。250円。
半透明で程よい硬さだったので。
f:id:pitokka:20180121160105j:plain:w360
f:id:pitokka:20180121160754j:plain:w360

下敷きを入れた所。透明なので何か入れても分かりやすい。
f:id:pitokka:20180121160940j:plain:w360

持ち上げても折り曲がらなくなりました。
これなら1枚の紙を入れても折り曲がる可能性が大きく減る。
f:id:pitokka:20180121160951j:plain:w360

最後に

柔らかいので、ドキュメントケースとしては別途下敷き等の板を組み合わせる必要がでてきますが、デザイン及び、質感がよく、おすすめです。