pitokka blog

思ったことについていろいろ

ほぼ日手帳カバー(サイズ:オリジナル)システム手帳化

はじめに

ほぼ日手帳カバー(サイズ:オリジナル)にミニ6穴保存バインダーを入れてシステム手帳化。
なお、ほぼ日手帳カバーのオリジナルサイズ=A6サイズ。
f:id:pitokka:20200607141449j:plain

使用したバインダーについて

エヌ・プランニングのミニ6穴保存バインダー「HB-1008-SM」。
リング径は15mm(内径)。
高さ(H)約144mm × 幅(W)約11mm × 厚み(D)約22mm(実測値)
横幅(W)が実寸約11mmと他メーカーより短いため、横を切らずにそのままほぼ日手帳カバーに入れられる。

f:id:pitokka:20200607135754j:plainf:id:pitokka:20200607140310j:plainf:id:pitokka:20200607140518j:plainf:id:pitokka:20200607140553j:plain

なお、色で型番が変わる。
HB-1005-RE:透明=赤ホック
HB-1006-BU:透明=青ホック
HB-1007-YE:透明=黄ホック
HB-1008-SM:透明グレー=黒ホック

公式サイト
www.nplan.jp

最後に

ほぼ日手帳カバーに対し、これがもっともお手軽なシステム手帳化。
ほぼ日手帳カバーが余っていていて、システム手帳に興味がある人、システム手帳バインダーを増やしたい人におすすめです。

シャーボX LT3を購入(簡易記載版)

はじめに

手帳用に購入。
多機能ペン。色はシャンパンゴールド。

f:id:pitokka:20200606121019j:plain
www.zebra.co.jp

購入したポイント

  • 回転式
  • エマルジョンインクが使用できる
  • シャープペンシルが使用できる
  • 長くない本体長(軸径9.3×全長133.9mm)
  • インクを選べる

回転式

手帳用に購入するので不用意なノックによるペン先の出が発生することを避けたい。
できるだけ外でカチカチ音を鳴らしたくない。
ということでノック式ではなく、回転繰り出し式。

エマルジョンインクが使用できる

はやりの低粘度油性インク(ジェットストリームなど)に対抗するためにゼブラが開発したインク。
油性インクと水性インクを混合したインク。
自分は適度な濃さと細くかけるところが気に入っている。小さい字をよく書く手帳にぴったり。
(自分の体感上、同じ0.5でもジェットストリームインクより、エマルジョンインクの方が細く書ける。)

シャープペンシルが使用できる

手帳の仮記載用にシャープペンが欲しかった。

長くない本体長(軸径9.3×全長133.9mm)

一般的な140〜145mm前後でなく、若干短い。
(本当はもっと短いのが欲しいけど)

インクを選べる

インク色が黒、赤などではなく、選べる。
インク種類もエマルジョンインク以外に油性、ジェルから選べる。
太さも選べる。
なお、選べるということで、本体には替芯がついていないので、一緒に買う必要あり。

実際の使用感

しばらく使用後書く。

はじめの印象は回転によるペンの繰り出しは静か。
シャープペンシル使用時のノックはうるさくない。(ものすごく静かではないけど)
右回転、左回転止まることなく、ペンを切り替えられる。

よくないところ

ボールペンが2色しか入れられない。(最上位機種でも3色しか入れられない。4色入れたい)
左回転だと軸が緩んで(開いて)しまうことが。(ペン先を上で見た場合)

大腸内視鏡検査をした時の話2020

はじめに

健康診断にて便潜血が検出されたということで、詳細な検査が必要となった。
ということで人生2回目の大腸内視鏡検査を最近実施。参考にその記録を記載します。
ちなみに結果は問題なしでした。
約3年前に大腸内視鏡検査を受けていたので多少気楽。
pitokka.hateblo.jp

なお、前回とは別の病院に行った。

前回はマグコロールPという経口腸管洗浄剤を体験しましたが、
今回、世の中的に主流の経口腸管洗浄剤モビプレップを使用した手順。
モビプレップを使用した腸管洗浄はWebをみる限り、準備の日数が短いものが多いように感じますが、自分の場合、便秘のため、世の中の検索で出てくる内容より、日数、手順が多めでした。

検査に向けて

2日前

消化の良いものを食べる。
夕食後18:00〜20:00までに緩下剤(プルゼニド3錠)を飲む。

前日

今回の病院では前日の食事用にダルムスペースデリシアという大腸内視鏡検査用の食事が用意された。

消化の良い食べ物どうしようと考えずに済むので良いです。
ダルムスペースデリシアは朝食はついていないので、朝食のみ自分で用意する必要があります。
自分は朝食はおかゆにしました。

朝食 消化の良いもの(ヨーグルトなど乳製品禁止)
昼食 ダルムスペースデリシア(昼食:野菜のクリーム煮、クラッカー)
夕食 ダルムスペースデリシア(夕食:大根のそぼろ煮、鶏雑炊)

ダルムスペースデリシアは普通に美味しかった。
単純に消化の良い食事のレトルト食品という感じ。

夕食後は下剤(ラキソベロン内用液0.75%)を飲む。
自分の場合、約20分後便意をもよおす。
なお、この下剤内用後、明日までに便が出なかった場合、検査当日の下剤を飲むのを中止し、病院に持ってきてくださいとある。

自分の場合、寝ている時、便意があり、何度も起きて便をしました。

当日

モビプレップ服用

モビプレップを服用する。
服用方法は以下に動画があります。
www.eapharma.co.jp

味はものすごく濃ゆいまずいスポーツドリンクという感じ。
いや、この表現が正しいのか怪しい。スポーツドリンクに失礼では。まずい。
コップ1杯を10分ほどかけて飲んでくださいと指示があるが、普通にゆっくりしか飲めない。
まずい。
体が微妙に拒否反応を示す。まずい。
この検査の中で一番の難関。まずい。
とにかくまずい。

まず1Lを時間かけて飲み終わった後、水500mlをゆっくり飲む。
その後、まだ便が透明でない場合、追加で200mlを10分ほどかけて飲み、次に水100mlを飲む。
透明になるまで繰り返す。
自分の場合1L+200mlのところで透明になりました。
モビプレップは透明になれば全て(2L)飲まなくて良い仕様。

病院へ

便が透明になったところで病院に行く。
病院にて、お尻に穴の開いた検診衣に着替えをする。
洗腸を行い、腸に残っているモビプレップの泡を洗い流す。
その後、ベットに横になり、点滴を打たれて、内視鏡検査。
検査直前に点滴から鎮静剤を入れるので、意識はぼーとするので特に何も感じず、楽に終わりました。

検査終了後、しばらくベットで休み、先生からの説明を受けて終了。

最後に

マグコロールPを使用した時より、準備期間が短いですが、個人的にはモビプレップはかなり飲むのに苦労しました。
まずい。マグコロールPの時は味はそんなに気にならなかったのですが。。。
モビプレップ後の水を飲む際、幸せを感じた。
病院によって流れは違うと思いますが、参考に。

Vivaldi 2.10にアップデートしたら起動しない問題の解決方法(Windows10)

2020.2.23追記 現在解消済み

本件、ノートンのアップデートにより解決済みです。
参考に、記事を残しております。

はじめに

Vivaldi2.10にてノートンが入っていると起動しない問題がある模様。
参考に回避方法を載せます。
あくまでも暫定処置です。アプリ側が対処されればこの設定は削除していただければ。

回避方法

概要

ショートカットにて右クリックメニューのプロパティから「リンク先」の後ろに「 --disable-features=RendererCodeIntegrity」を追加することで起動できる。

詳細

手順1

Vivaldiショートカットの上で右クリックし、メニューを出す。

f:id:pitokka:20191229103821p:plain
Vivaldi ショートカットアイコン

手順2

メニューから「プロパティ」を選択。

f:id:pitokka:20191229104202p:plain
Vivaldiショートカット右クリックメニュー

手順3

プロパティウインドウにて「リンク先」vivaldi.exeの後ろに「 --disable-features=RendererCodeIntegrity」を追加し、「OK」を選択。
※先頭は半角スペースです。

f:id:pitokka:20191229104300p:plain
Vivaldiショートカットオプション

手順4

編集したショートカットからVivaldiが起動できます。

最後に

抜本的な解決にはノートン側の対処が必要な模様。
解決されたら上記の設定は削除すればよいと思います。

更新履歴

2020.2.23 現在解消済みの記述追加。

デルフォニックス オルドナーホルダーケース A5

はじめに

デルフォニックスのオルドナーホルダーケースを買いました。
サイズはA5。色はブラウン。

f:id:pitokka:20180121161251j:plain:w360
俗に言うドキュメントファイルケースです。
ただの透明ファイルではなんか微妙だなぁという場面で使用するために購入。
透明ファイルは固くて角も尖っているし、取り出すとき微妙というもある。

以前、同シリーズのオルドナーエンベロップケースを買っていたので質の良さを知っていたのもある。

商品ページ:
shop.delfonics.com

なお、色は5色、サイズはその他A4も用意されている。

外観

f:id:pitokka:20180121160359j:plain:w360f:id:pitokka:20180121160422j:plain:w360

裏面
f:id:pitokka:20180121160538j:plain:w360

店頭で見栄えが良いように、厚紙が入っている。
f:id:pitokka:20180121160450j:plain:w360

入っていた厚紙。
f:id:pitokka:20180121160602j:plain:w360

中の様子。
f:id:pitokka:20180121160653j:plain:w360

A5のサイズがすっぽり入る。
f:id:pitokka:20180121161400j:plain:w360
f:id:pitokka:20180121160849j:plain:w360

質感について

合皮ですが、さわり心地はしっとり。ビニールぽさをあまり感じず。
なかなかの高級感がある。
合皮なので手入れも簡単。

折り曲がり対策をする

本体は柔らかく、厚紙を取り出すと、フニャっとしていてドキュメントケースとしては頼りない。
f:id:pitokka:20180121160619j:plain:w360

以前、同シリーズのオルドナーエンベロップケースを買っていたので、このことを知っていた。
そこで一緒に買ったA5の下敷き。
A5の下敷きであればなんでも良いですが、今回は東急ハンズオリジナル手帳用のものを購入。250円。
半透明で程よい硬さだったので。
f:id:pitokka:20180121160105j:plain:w360
f:id:pitokka:20180121160754j:plain:w360

下敷きを入れた所。透明なので何か入れても分かりやすい。
f:id:pitokka:20180121160940j:plain:w360

持ち上げても折り曲がらなくなりました。
これなら1枚の紙を入れても折り曲がる可能性が大きく減る。
f:id:pitokka:20180121160951j:plain:w360

最後に

柔らかいので、ドキュメントケースとしては別途下敷き等の板を組み合わせる必要がでてきますが、デザイン及び、質感がよく、おすすめです。

非常に快適なトゥルーワイヤレスイヤホンAirPods

f:id:pitokka:20161219123744j:plain:W360

はじめに

AirPodsの販売開始情報を見て思わずApple Storeですぐ注文してしまいました。
2016/12/19に届きました。
AirPodsの発表から、左右独立完全ワイヤレス(True Wireless:トゥルーワイヤレス)のイヤホンに興味があり、またiOSに最適化され、手持ちのiOSバイスに簡単に繋げられる点が良さそうだと感じていた。

公式サイト

www.apple.com

外観など

Apple製品はWeb上にいっぱい写真がある状況なので簡単に。

付属品
f:id:pitokka:20161219124328j:plain:W360

その他外観
f:id:pitokka:20161219124349j:plain:W360f:id:pitokka:20161219124428j:plain:W360f:id:pitokka:20161219124505j:plain:W360
f:id:pitokka:20161219124824j:plain:W360
ケースの中に接点が。
f:id:pitokka:20161219124947j:plain:W360

EarPodsとの比較
f:id:pitokka:20161219125528j:plain:W360

初めてiPhoneの近くで蓋を開けると自動で接続するかのメッセージが出ます。
f:id:pitokka:20161219125850j:plain:W360

つけ心地について

着けた際思わず笑ってしまいました。ケーブルが全く無い事がここまで快適だとは。はじめ凄い違和感が。全く繋がれていないという感覚は凄いです。ストレスフリーです。

耳への装着感自体はEarPodsと同じです。ただ、ケーブルが無く、下から引っ張られる感じが無いので、着けた感じがしないは流石に言いすぎですが、付け心地は最高です。非常に軽い。着けたまま自由に移動できます。移動の際のタッチノイズも無縁。

首を振っても全然落ちません。しかし簡単に外せる。不思議です。

音質について

良いです。低音が豊か。かと言って中高音が出ていないわけでも無い。間違っても同価格帯のワイヤードイヤホンと比べてはいけませんが、個人的には十分満足できる音です。1万円ぐらいのBTイヤホンレベルの音質はあります。(手持ちのBTイヤホン JBL REFLECT MINI BTと比べて)
大半の人が十分満足できる音だと思います。
高音は刺さらず、聞き疲れしにくい音で、インナーイヤーらしい音場の広さとヌケの良い音です。
EarPodsと同様に立体的な響きがある。
音としてはフラットでは無く、楽しく聴かせる系の音です。音の響き的にBTイヤホンであることを活かして楽しく聞けるように本体側で若干イコライジングしているかもしれない。

EarPodsと比べて

EarPodsとAirPodsでは音は違います。(音の傾向は似ていますが)
EarPodsより音に厚みがある。AirPodsの音を聴いた後EarPodsの音を聴くとかなりあっさりに感じる。音が軽い。
AirPodsの場合、AACで再圧縮され転送されているとしても個人的にはAirPodsの方が音が良く感じる。(EarPodsと比べ高音はちょっと落ちるけども)

音量について

最小音量は小さめ。素晴らしいです。BTイヤホンはiOSで接続すると最小音量が大きいものが多いので。
あえて厳しく言うと最小音量時、静かな環境で聴くと超ウルトラほんのかすかにホワイトノイズがありますが通常聞く音量では分からないです。これはBluetoothイヤホンではしょうがないと思います。本当に厳しく聴いた場合です。(人によっては無いと行ってもいいぐらいなレベルです)

遮音性について

EarPodsと同レベルで遮音性はほとんど無しです。
しかしこれが利点でもあります。着けていても回りの音が聞こえるので、会話も普通にできる。
圧迫感も無い。

使い心地について

AirPods(厳密に言えば内蔵されているW1チップ)の売りの一つだと思うのですか、iOSと接続した時はiCloudでAirPodsの接続情報が共有されており、自分が所持しているiPhoneiPadApple WatchMacに対して各OSに用意された出力先のリストからAirPodsを選ぶ事で簡単に切り替える事が出来る。ペアリング自体は自分の手持ちのiOS端末最初の1回だけ。
通常のBTイヤホンでは奥底のBluetoothのメニューからいちいち接続し直す必要があるので非常に楽。

両耳に着けて再生している最中に片耳からAirPodsを外すと自動で再生が止まる。また着けると自動で再生が再開する。便利。片耳の状態でも手動で再生を再開すれば片耳のみのままで再生出来る。ちなみにiOSではなく、MacOSでも同様。

なお、始めに装着した際、「ボロン〜♪」と音が鳴ります。この音で繋がったかどうかが分かります。

あえて悪い点を言うと、AirPodsは本体がつるつるなので、ケースからイヤホンを取り出す際、滑ってなかなか取れないことがある。
これがあるので外で使用するにはなかなか勇気がいる。(落としそうになる。)

iOS以外の接続について

ケースの外側のボタン長押しで、Android等のiOS以外の端末とつなげることができます。
自分の手持ちのDAP(デジタルオーディオプレーヤー) AK70(Androidベースの独自OS)と繋げてみました。
ちなみにAK70のサポートしているBluetooth音声コーデックはSBC、aptX、aptX HDです。AACは未サポートのためSBC接続となります。
f:id:pitokka:20161219151936j:plain:w360
ちゃんと繋がります。ただ、最小音量でも爆音となります。AirPodsに音量ボタンが無いので下げることもできず、どうしようもないです。耳から外しても音は止まらず、音が鳴ったままです。iOSとの接続以外はおまけだと思った方が良いと思います。
なお、他のデバイスに追加接続しても、他のiOSバイスへはちゃんとつなぎ替えることができます。

ただ、iOSバイス接続中に、AK70をONにした所、Bluetoothの接続を持っていかれた(iOSの接続が外れ、AK70と繋がった)のであんまりApple製品以外に接続するのはおすすめしない。

最後に

想像以上に凄いです。ケーブルレスで引っかかることも無く非常に快適。
音質については十分満足出来る出来だと思います。かなり良い。
ただ、念のため言うと本体価格が16,800 (税別)だとしても、音としては1万前後のワイヤードイヤホンと比べてはいけない。
ワイヤードイヤホンでいうと3〜6千円ぐらいのレベルの音だと思います。(BTイヤホンでは1万ぐらいのレベル)
充電機能付きケース、完全ワイヤレスシステムなど総合的にお金がかかっていての価格なので、値段を考えれば十分な音質だと思います。

自分は家用に買いましたが、いくら首を振っても取れないといっても、外で装着するには勇気が必要かも。
無くしそうで怖い。値段が値段なので。

AirPodsは何と言っても総合的な使い勝手の良さです。
iPhoneiPadなどを持っている人には非常におすすめです。

更新履歴

2016/12/20 音質・使い勝手など全般的に文章を追加。表現改善。AirPodsのサイト紹介追加。
2016/12/21 表現改善。手持ちのイヤホンを再度聴き比べてレベルを上げた。(3,4千円(5千?)→ 3〜6千円)

大腸内視鏡検査をした時の話

はじめに

昨日は人生で初めて大腸内視鏡検査をしました。
検査の結果は問題なしでした。良かった。
せっかくなのでその時の記録、感想を。

概要

大腸内視鏡検査を行うまでの道のりは大変です。
病院によって多少違うと思いますが、自分の場合、4日前から下剤(錠剤)の服用を開始。3日前から食事制限を開始。前日はマグコロールPという下剤を1800mlの水に溶かして15分おきに約200ml飲むと言う事を約2時間かけて行う。
当日は無論、食事不可で、水分を最低コップ3杯ほど飲み、後は病院にて検査を受ける。という流れ。

下剤について

4日前から下剤(錠剤)の服用を開始するのですが、自分はやけに効いた。
次の日にほとんどの便を出した気がする。
その日は休みで良かった。平日の場合、とてもじゃないけど仕事は無理な状況。お腹がゴロゴロ状態なので。

食事制限について

3日前から消化の悪い食べ物(繊維質の多い物)は不可となっている。特に以下のものは禁止されている。
きのこ類、海藻、こんにゃく、しらたき、玄米、五穀米、大豆、ナッツ類、トマトの皮、ごま、キウイフルーツ

前日は朝と昼は野菜、果物は食べてはだめで、消化に良いものを少量食べることになる(バターロール1個、素うどん、おかゆ1/2など)。夜は絶食。

マグコロールP

前日17〜18時頃からマグコロールPという下剤を1800mlの水に溶かして15分おきに約200ml飲むと言う事を約2時間かけて行う。
この溶かしたマグコロールPはポカリ(スポーツドリンク)の味に似ている。ポカリの味バランスを崩した感じ?ちょっとしょっぱい感じ?な味。
ちなみに飲んでいる最中は横になることは不可で、立っているか、座っているかの状態である必要がある。
15分ごとに飲んでいく過程で、全然出ないなと思っていたら、約1時間後ぐらいから下剤が効き始め、出ます。一度で始めると数分おきに出る。最終的に便が透明または薄黄色な状態つまり水分だけの状態にする必要がある。
なお、病院から判断基準として便の段階を示す写真を渡されます。(多分マグコロールPの添付品)その写真を参考に最終段階つまり透明または薄黄色な状態になるまで水分を取り続ける。
正直、最終的に自分は完全な透明とはならなかった。淡黄色で多少透明だけど白い粉状のが混ざっている。(ビジュアル的に煙の用な感じ)若干混濁してる。カスはないけど…という状態。
完全な透明にならないと少し焦ったのですが、サンプル写真と色は同じだし、問題ないだろうと納得させた。
当日、病院の人にも聞いたのですが、結果としてはOKでした。実際、内視鏡検査を実施した際、大腸は非常に綺麗だった。
要は便器のそこが見える状態になっていれば大丈夫(固形物がない状態)。
なお、自分の場合2時間で飲みきってから便を出し切るのに更に2、3時間かかった。(マグコロールPを飲みきった後も最低500mlは水を取る必要がある)

ちなみに、今回の経験で知ったのが、大腸が空っぽの状態で水分を取ると数分後、そのままお尻から出るという事。
すごい体験だった。真に大腸が空の状態で水分を取る際は、すぐトイレにアクセスできるところでないと非常に危険。

検査当日

検査服を着る。
お尻の所だけ穴の空いたズボンを着る。上着はお尻まで隠れるようになっているものを着る。
内視鏡検査のとき上着をまくればお尻が見える感じ。
内視鏡検査開始時、点滴を打たれる。いよいよ内視鏡を入れるときになったら、点滴のところから安定剤?が入る。
その時一瞬、点滴を挿した箇所がピリッとする。その後、意識がほんの少し遠くなる感じ。とは言え普通に会話はできる状態。
内視鏡を入れらている最中は、すごい痛いというわけでは無いけど、入っている感じがわかると言うか、少し痛いかなという感じ。
安定剤の影響かそこまで辛くはない。
定期的に痛くないですかと聞かれた気がする。
検査自体はすぐに終わる。10分ぐらい?それ以下?かも。ただ、その場でポリープが見つかるとその場で取り除く作業が入るのでその際は時間がかかると思われる。

内視鏡検査が終わると、ベッドのところに移動し、点滴が終わるまで安静に横になる。
なお、自分の場合、終わった段階で、結果を伝えられ、内視鏡で取った写真を渡された。(ベッドで写真を見ながら安静にしている状態)

点滴が終われば後は、先生とお話して終了。

最後に

上の方で、検査の道のりは大変ですと言ったけど、自分としては食事制限など辛いながらも割と楽しめた。なんと言えばいいのだろう、大腸の中を空にすると言う行為が新鮮だったのかもしれない。うまい表現が見つからない。

受けていない人は一度は見てもらったほうが良いと思います。腸内環境も空にすることで一度リセットできますし。
ただ、検査を受けるときは仕事など余裕がある時でないと駄目です。数日は体がそれどころではない状態になるので。